スポンサードリンク

2008年12月13日

白内障 水晶体の摘出

白内障の手術では、水晶体の摘出を行います。

え〜、という声というか叫び声が聞こえてきそうですね。

まっ、お気持ちは非常によく分かります。

白内障を治したいんで♪水晶体の摘出をヨロシクー!
なんてお気楽な人いないですもん。

でも、白内障の治療の為には仕方ない事なんです。

白内障の手術は眼内レンズの挿入を行い、視力の回復を
促すことにります。

その前提として水晶体の摘出を行う必要がある訳です。

これについては、二つの方法があります。

超音波乳化吸引術と嚢外摘出術です。

最近では、超音波乳化吸引術が主流となっています。

この方法は、超音波の振動を利用して水晶体内の核を
細かく砕いて、水晶体の中身を吸い出します。

そして、外側の水晶体嚢だけを残して眼内レンズを
挿入する訳です。

メリットとしては、器具を挿入する為の切り込みが3ミリ
程度と小さくて済む点です。

もう1つの嚢外摘出術ですが、この方法では核をそのままの
状態で取り出すことになります。

しかし、当然ながら眼球に入れる切り込みは、かなり大きく
なってしまいます。

嚢外摘出術では、液体の注入によって水晶体の核と皮質を分離
させて取り出す方法をとります。

そして、水晶体内にヒアルロン酸を入れることにより、水晶体
の形を丸く整えて眼内レンズを挿入します。

この手法は、患者さんの眼の状態を勘案して行われることと
なります。

さて、ここでご存知の方も、ご存知でない方も気になる言葉が
あると思います。

そう、プレチョップ法という言葉。

まあ、水晶体の分割法の一種なんですが、さして気にする事も
ないと思います。

眼科の先生の白内障手術の得意技や症例の数は様々です。

正直、無理にプレチョップ法を選択する必要は無いと勝手に
思っています。

だって、2手法が主流なんですから(笑)

もちろん、2手法でも、その経験や応用も含めてですが。

つまり、圧倒的に症例も多いし、ベテランからすれば
逆に2手法の方が、安全で早いらしいのです。

まっ、このあたりは、眼科医さんとよくご相談して
いたたげればと思います。
タグ:白内障 病気
posted by haku at 12:37| Comment(1) | TrackBack(0) | 白内障の治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月10日

白内障の眼内レンズの特徴2

さて、前回の記事の続きのお話です。

白内障の手術で挿入する眼内レンズの特徴と言うか
欠点と言うか…(笑)

えー、選択肢は三つで近く、中間距離、遠く、の中で見たい
距離を予め考えておくという話でした。


今回はその三つの選択肢をより詳しく書いていきたいと思います。

ただし、前回の記事でも書いた通り最近では遠近両用眼鏡ならぬ
遠近両用レンズ(多焦点眼内レンズ)も登場したようです。

しかし、現状では保険がきかず両目で100万円前後という費用が
かかるらしいです。

また、このレンズも2008年から日本で発売され始めたので、症例
としてもまだ多くはないのかもしれません。


と言う事で、とりあえずは、それぞれの距離の選択肢について
説明していこうと思います。


まず、近くをはっきり見えるようにしたい場合です。

この場合ですが、近視の状態になるレンズを使用する事になります。

このレンズを使用しての白内障手術後は、手元の作業は裸眼ででき
ますが、遠くのものを見る時にはメガネをかけることになります。


続いては、遠くをはっきり見えるようにしたい場合です。

例えば、映画を見たりだとか普通に歩いている時の風景は裸眼の
ままでOKです。

しかし、文字を書いたり本を読んだりする場合にメガネが必要に
なります。


最後の三つ目の選択は中間距離と言う事になります。


これは、例えるならば軽い近視の状態と言えるでしょうか。

具体的には、手元の文字は少しばかり離すように調整すれば
読めますが、小さく細かい文字は読みずらくなります。

テレビはOKですが、映画館のスクリーンやその文字は見ずらく
メガネで調整する必要が出てきます。


以上のように、それぞれ特徴がありますので各自の好みや仕事の
関係などで選択する事になります。


ここで、眼科での私…。


細隙灯顕微鏡検査(さいげきとうけんびきょうけんさ)で
あっち見ろ、こっち見ろと指示された私ですが、これは
眼球の各部位を観察する為と言う事らしいです。

幸いにも異常がなかったのですが、普段眼球の側面やら
上下の白目の部分なんて気にするというか、意識すらし
ませんもんね。

「おや? ふ〜む…、こっ、これは…」

なんて言われなくて良かったー(笑)

つづく。
タグ:病気 白内障
posted by haku at 13:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 白内障の治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月29日

白内障の眼内レンズの特徴

白内障の手術では、まず濁ってしまった水晶体を取り除き、
殆どのケースで眼内レンズを挿入することになります。

しかし、ちょっとした弱点?とも言える部分がこの眼内レンズ
にもあるんですよね、実は。

まあ、考えようによっては弱点とも言えないんですけどね。


それは、レンズですから見える距離がその種類によって自ずと
限定されてしまうと言う事です。

以前の白内障の記事で書いた記憶があるのですが、水晶体は眼
の中にある透明な組織で凸レンズの様な形をしています。

そして、上下の筋肉によってその厚みを調整できるようになって
いるんです。

つまり、厚みを調節する事によって近くに焦点を合わせたり遠くに
焦点を合わせたりしている訳です。


しかし、人工レンズではこれはチト無理な相談です。

従って、あらかじめどの距離がハッキリと見えるようになりたいか
決めておく必要があるんですね。


こんな事知ってました?

わしゃ知らんかったでー!(なんでわしやねん?)


ちなみに選択肢は三つあります。

近く、中間距離、遠くの三つです。

白内障の手術の話では、ココけっこう重要です(笑)


ただし、最近では遠近両用眼鏡ならぬ遠近両用の白内障用
のレンズも登場したようです。

いわゆる多焦点レンズと言う物で、 焦点が「遠・中・近」の3点に
合う仕組みのレンズです。

しかし、このレンズはどの距離にも比較的ピントが合うように設計
されているため、ややコントラスト(くっきり感とでも言いましょ
うか?)がやや弱くなるらしいです。

更に、この多焦点レンズは保険がきかないという最大の弱点が…。

なんと両目で100万円前後の費用がかかるらしいです(びっくり)



さて、ここで眼科での私の話…。

細隙灯顕微鏡検査(さいげきとうけんびきょうけんさ)で
レンズの向こう側から目玉を覗かれる私。

しかも、右見ろ、左見ろ、斜め右上見ろ、左斜め下見ろ
と普段あまり動かさない方向に目玉を動かされる。

意外と疲れる…。

いかに普段目玉ではなく顔を直接見る方向に動かしている
かがわかると言うものだ。

目玉の筋肉の良い運動にはなったかもしれませんなー(笑)。

つづく。
タグ:白内障 病気
posted by haku at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 白内障の治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月20日

白内障の手術の効果

さて今回のお話は…。

白内障の手術による効果です。

実は、白内障の手術すなわち主流である眼内レンズの挿入後
はいったいどうなるのかという事です。

手術が妙に怖いというのは多かれ少なかれ誰しもが感じる
ことだと思いますが、じゃあ白内障の手術後はいったいど
うなるのかという事も非常に気になると思います。

が、しか〜し!

この眼内レンズもチト欠点と言いますか、100%ではないんです
よ、正直申し上げると。

さあ、その細かい話をしていくことにします。

まず、見え方はどうなるのか…。

視力は白内障以外の目の病気などを患っていなければ基本的に
白内障を起こす前の視力を回復します!

ただし、もともと視力が低かったり緑内障や網膜症など別途、視力
低下の原因がある場合には、それほど視力は回復しません。

さらに白内障手術後は、視野全体がやや青みがかって見える
ようになります。

これは人間の水晶体が厳密に言うと、やや黄みがかっている為です。

しかし、人工の眼内レンズは無色透明なのに、今まで自分の黄みが
かった水晶体で見ていた感覚がそのまま残っていまうんですね。

つまり、黄みがかった世界が正常と思っていたところに、その黄色
が消えてしまって、補色である青がより強くなり青みがかって見え
るという訳です。

でも、あらかじめ黄みがかったレンズもあるそうなのでこの辺は
進歩ですね。

もう1つ、欠点というか仕方のない事があります。

それは、白内障の手術後はやや眩しさが強くなるという事です。

残念ながら、この現象に関してはどんな色調のレンズでも起こる
らしいです。

こればっかりは、サングラスで対処するしかないようです。

今回の記事で言いたい事は、白内障の手術によってあらゆる
ものがよく見えるようになるかといえば、残念ながらそうで
はないという事です。

しかし、眼内レンズが登場する前よりは遙かに良い状況になって
いることは間違いありません。

でも、何故あらゆるものがよく見えるようにならないんでしょう?

その辺については次回の記事で。
タグ: 病気 白内障
posted by haku at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 白内障の治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月11日

白内障の眼内レンズについて

白内障の手術で主流となっている眼内レンズについての
話をしたいと思います。

昔は白内障の手術と言えば、単に水晶体を取り除いてしまう
だけの手術だったそうです。

ところがこの方法だと、非常に強い遠視になってしまうので常に
眼鏡で矯正する必要がありました。

そこで開発されたのが眼内レンズという訳です。

要するにメガネの代わりに眼内に直接レンズを挿入してしまおう
と考えたんですね。

前回の記事で、私はコンタクトレンズさえ不思議に思っていると
書きましたが、眼内にレンズを挿入しようと考えるなんて本当に
凄い発想ですね。

さて、非常に素晴らしい発想と医療の進歩により登場した眼内レ
ンズですが、残念ながら全ての白内障患者に向く方法ではありま
せん。

まず問題となるのは糖尿病の患者さんです。

実は糖尿病の患者さんで問題となるのが、糖尿病網膜症という
病気です。

この糖尿病網膜症の治療の際に眼内レンズが邪魔になってしまう
可能性があるんです。

ですから、網膜症を発症していないか、発症していても軽度で
眼内レンズが支障ない場合、血糖値が安定しているなど様々な
条件を検討する必要があります。

更に、緑内障やぶどう膜炎などの場合も眼内レンズの挿入は
とても慎重に検討されることになります。


ここで眼科での私…。

眼圧検査が終わってまたしても、別の長いすで待たされました。

しばらく待っていると、ここでやっと眼科の先生とご対面。

けっこう若い。

みたところ30代前半といった感じだ。

しかも、浅黒くてスポーツマンタイプで、おまけにハンサム
ときてる。

髪型もいまどき風でんがな。

ここで私は思った「やつは絶対にモテル」と…。

まあ、個人的には若くて美人の女医さんが希望ですが(笑)

ここで再び検査が始まりました。

妙な機械というか器具に顎をのせて、光を当てられ向こう側
からレンズの様な物で目を覗かれる。

これ、細隙灯顕微鏡検査(さいげきとうけんびきょうけんさ)
と言うんだそうです。

つづく…。
タグ:白内障 病気
posted by haku at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 白内障の治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月29日

白内障の手術 その2

前回は、白内障の手術はいつ検討されるのかについてお話しました。

結論としては、各人の状況次第という事でした(おいおい)

もちろん病状やその他の目の病気も含めて検討されるべきものでは
あります。

さて、手術が怖いという方も私を含めて非常に多いと思います。

「手術?好きです!特に白内障の手術が大好きです!」なんて事は
漫画の世界でもありえませんよね。

ただ、私も含め目を開けた状態で目に何かされるって事に違和感
というか、ぶっちゃけ怖さを感じまさーね。

しかし、現在では医療も大変に進歩しており、痛みもありませんし
手術自体は短時間で済むようです。

もちろん外来でもできますし、仮に入院する場合でも3〜4日で
済みます。

つまり、日々の生活の不自由に耐えてまで手術を避ける必要が
無いというほどの状況なんです。

その手術内容も白内障によって濁ってしまった水晶体を取り除く
だけではありません。

ご存知の通り、眼内レンズの装着です。

おっと、思わず装着と言ってしまいましたが、眼内レンズの
挿入が正しい表現です。

まあ、メガネはもちろんコンタクトレンズすら使用した事がない
私の様な方々にとっては驚くべき事実かもしれません。

コンタクトレンズだって私に言わせれば「何しとんねん?」の
世界ですから眼内レンズは想像を超えることです。

そもそもコンタクトレンズだって目玉の上に直接レンズをひっ付
けるなんてあり得ない訳ですよ、私に言わせれば。

目玉に直接ですよ!

目玉にそんなもん直接ひっ付けて、目玉は大丈夫なんかい?

目玉ってそんなに丈夫で鈍感なものなんかい?

な〜んて思ってしまう訳ですよ。

でも、案外大丈夫なのかもしれません。

だってコンタクトレンズなんてメガネ並に誰でも
使ってます。

そう考えると、水晶体の中身を吸い取って眼内レンズを挿入
することなんて当たり前のことなのかもね〜。


ここで、眼科での私のお話…。

いや〜、けっこうプシュプシュされました。

決して気持の良いもんじゃありませんね、眼圧検査って。

実はこの眼圧検査は緑内障の為の検査でもあるみたいです。

ちなみに正常な眼圧は、10〜20mmHgの範囲だそうです。

この範囲を超えると眼圧異常ということになるらしい。

って、白内障のブログなんですけどね、このブログ。

つづく…。
タグ:白内障 病気
posted by haku at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 白内障の治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月21日

白内障の手術

白内障の治療のもう一つの方法。

それは手術です。

まあ、この手術ってやつに皆びびる訳です。

当然ですけどね。

もちろん私も手術なんて聞くと、もうほとんど本能的に
拒否反応ですよ。

しかし、年齢的には様々な病気とその治療法がこの身に
「ようこそ」と語りかけ始める時期になってきているの
かもしれません。

さて、白内障の手術に関してですが、どんな時にその検討が
なされるのでしょう。

前回の記事でお話した通り、薬物治療は基本的に白内障の
進行を遅らせることしかできません。

従って、やはり徐々に白内障の症状は現れてきてしまいますし、
見ずらさの進行の対処ににはメガネやコンタクトレンズの装着。

また、眩しさへの対処にはサングラスなどでその不便さを
補います。

はてさて、いったい何時手術を行うべきなのか?

それは、年齢や生活環境、職業の問題などで各個々人
それぞれに違ってしかるべきなのです。

多少見ずらくてもまだ大丈夫な方もいらっしゃれば、職業上これ
以上の視界や視力の低下は許されない方もいらっしゃいます。

ですから、白内障の手術は主治医との話し合いによる部分が大きい
と言えます。

ただし、白内障だけではなく他の目の病気を伴ったり、その可能性
が大きいときには即手術を行わなければならない場合があることは
言うまでもありません。


ここで、眼科医でのお話…。

次の検査は何かな〜と思ってしばらく待っていると、やっと名前が
呼ばれて、こちらへどうぞと…。

それは眼圧検査でした。

ご存知の方も多いと思いますが、目にプシュッと空気を吹きかける
やつです。

正直あまり心地よいものではありません。

思わず目をつぶりそうになるし、実際につぶり気味になって何回も
空気銃よろしく吹きつけられました。

これ空気眼圧計というんだそうです。

つづく…
タグ:白内障 病気
posted by haku at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 白内障の治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月13日

白内障の治療 その2

白内障の治療の話の続きです。

特に加齢性白内障の治療についてで、前回は薬物による治療の話
を少ししただけで終わってしまいました。

そして、すぐ手術による治療が行われるわけではなくその進行
具合によって薬が使用されるという事も書きました。

あくまでも、手術が必要なのは水晶体がすっかり白く濁ってしま
った最終段階での治療法なんです。

さて、白内障の治療に使われる薬ですが点眼薬と内服薬の2種類
があります。

これらの薬の中でも、もっとも一般的な薬は「ピレノキシン」と
いう点眼薬です。

この点眼薬は長期間使用しても副作用の心配がないという点で
よく使用されています。

しかし、この薬物による治療も白内障の進行を遅らせることしか
できないわけですから、いつかは手術が必要ではあります。

では薬を使い始めるのはいつからなのか。

それは、明らかに目の見え方に影響が出てきた時です。

具体的には、目のかすみや眩しさが強くなるなどの症状です。

白内障の症状というか、すなわち水晶体の濁りは徐々に進んで
行きますから視力に影響を及ぼすまでは、やはり薬物も控える
という事なのかもしれません。


ここで、眼科での私…。

視力検査で老眼鏡を勧められて、やや意気消沈の私ではありますが、
他の検査に進むまえに「こちらのイスでお待ち下さい」と言われた
のでした。

老眼鏡に関しては、大したことことないっちゃあ大したことないん
ですけどね。

たしかに、満員電車の中では新聞を小さく畳んでも、肝心の文字
が近すぎて見えない状態でしたよ。

老眼鏡ね〜。

もちろんおじさんですよ、私は。

でも、40代って微妙に若いつもりってのがあってさ…。

一度もメガネを使った事が無かったからこんなこと
思うんだろうな〜。

でも、100円ショップのやつで十分だよな〜(笑)

常にかけている訳じゃないし、ある意味それだけでも
ありがたいということかもね。

ケチって言わないでね〜。
タグ:白内障 病気
posted by haku at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 白内障の治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月05日

白内障の治療

さて、今回から白内障の治療について書いていきたいと思います。

前回までは白内障の症状についての記事でしたが、その自覚症状
についてはご理解いただけましたでしょうか?

正直、かなり微妙というか特に初期症状に関しては気がつきにく
い事も多いと思います。

確かに目が疲れやすく視力が落ちてきたなんて症状だと、「最近
目を酷使しているし、パソコンの画面がいくら良くなったと言っ
たって目に良いわけないしな」などと思う方もいるでしょう。

また、なんか光が眩しく感じるといったって「う〜ん、なんか光
を強く感じるけど前からこんな感じだったかも」なんて気のせい
にしちゃったりね。

とにもかくにも「気のせいだ」なんて言わずに、白内障の自覚症
状が少しでも感じられたら、是非眼科を受診して下さい。


えっ?

お前だってさんざん眼科受診を先延ばしした挙句、いい年こいて
親に勧められて、やっと眼科に行ったくせにって?

い〜え、なんのことやらさっぱり分かりませんな〜(汗)

それよりも白内障の治療の話ですよ〜。


まあ、実際には眼科の医師が様々な検査を行って白内障やその他
の目の病気等を見極めていきます。

白内障の場合は水晶体の状態をチェックすることは言うまでも
ありません。

ちなみに今回は白内障の中でも最も多い加齢性白内障の治療につ
いて書いていこうと思います。


どのような白内障の治療方を採るのかは、その症状の進み方によ
って異なってきます。

中にはすぐ手術を思い浮かべる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、手術が必要なケースは水晶体がほぼ真っ白に濁ってし
まった最終段階での方法です。

現在進行中の場合には、薬によって経過を観察します。

ここで、厳しい現実を申し上げますと、実は薬で水晶体の濁りを
消して元に戻すことはできません。

残念ながら…。

では、薬を使う目的は何なのかというと、あくまでも白内障の
症状を遅らせるという事にあります。

ちょっと話が長くなってきたので、眼科での私の話も含めて次回
の記事へ続きます。
タグ:病気 白内障
posted by haku at 12:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 白内障の治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月28日

白内障の初期症状 その2

今回も白内障の初期症状についてお送りします。

前回、白内障の初期症状には疲れ目が回復しずらくなおかつ
視力も悪くなってきてしまった場合と書きました。

この時、一緒に物がぼやけたりかすんで見えたりしないか
どうかも注意して考えて下さい。

この段階で眼科に行くのも良いことだと思います。

白内障ではなかったとしても、重大な目の病気の可能性も
ありますしね。

他にも白内障の初期症状として、かなり特徴的なものが
あります。

それは、光を強く感じることです。

部屋の中の電灯でも太陽の光でも以前より眩しく感じる
症状です。

更に明るいところでは物が見えずらく、暗いところでは逆に
以前よりもよく見えるようになる事もあります。

やっかいな事に上記とは逆に、暗いところで以前より見えず
らくなる場合もあるんだそうです。

でも、症状としては結構特徴的ではあります。

この他にも白内障の初期症状で勘違いしやすいものもあります。

それは、以前より近くがよく見えるようになる事です。

そう、特に中高年の場合は「あれ?老眼が治ってきた!」
なんて勘違いしやすいんです。

ちなみに老眼が回復していく事はありません。

なぜならば、老化現象が逆戻りしていくことはないからです(涙)

これは、白内障による濁り方が光の屈折を微妙に変えてしまう
事が原因らしいです。


ここで、眼科での話。

視力検査を終えた私は、何故か色々なメガネを試されてなんか
本を見てくれと…。

こっちとこっちのメガネでどっちが見やすいですか?と。

何回か繰り返した後、1.0ですねと言われました。

いや、1.0ではなく+1.0なんだそうです。

つ・ま・り…。

老眼鏡の事なんです。

老眼鏡は+1.0を選んで下さいってこと。

今まで一度もメガネのお世話になった事はありませんでしたが
老眼鏡を勧められたわけです。

やれやれ…。
タグ: 病気 白内障
posted by haku at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 白内障の症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。