スポンサードリンク

2008年08月28日

白内障の初期症状 その2

今回も白内障の初期症状についてお送りします。

前回、白内障の初期症状には疲れ目が回復しずらくなおかつ
視力も悪くなってきてしまった場合と書きました。

この時、一緒に物がぼやけたりかすんで見えたりしないか
どうかも注意して考えて下さい。

この段階で眼科に行くのも良いことだと思います。

白内障ではなかったとしても、重大な目の病気の可能性も
ありますしね。

他にも白内障の初期症状として、かなり特徴的なものが
あります。

それは、光を強く感じることです。

部屋の中の電灯でも太陽の光でも以前より眩しく感じる
症状です。

更に明るいところでは物が見えずらく、暗いところでは逆に
以前よりもよく見えるようになる事もあります。

やっかいな事に上記とは逆に、暗いところで以前より見えず
らくなる場合もあるんだそうです。

でも、症状としては結構特徴的ではあります。

この他にも白内障の初期症状で勘違いしやすいものもあります。

それは、以前より近くがよく見えるようになる事です。

そう、特に中高年の場合は「あれ?老眼が治ってきた!」
なんて勘違いしやすいんです。

ちなみに老眼が回復していく事はありません。

なぜならば、老化現象が逆戻りしていくことはないからです(涙)

これは、白内障による濁り方が光の屈折を微妙に変えてしまう
事が原因らしいです。


ここで、眼科での話。

視力検査を終えた私は、何故か色々なメガネを試されてなんか
本を見てくれと…。

こっちとこっちのメガネでどっちが見やすいですか?と。

何回か繰り返した後、1.0ですねと言われました。

いや、1.0ではなく+1.0なんだそうです。

つ・ま・り…。

老眼鏡の事なんです。

老眼鏡は+1.0を選んで下さいってこと。

今まで一度もメガネのお世話になった事はありませんでしたが
老眼鏡を勧められたわけです。

やれやれ…。
タグ: 病気 白内障
posted by haku at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 白内障の症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/105631985
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。